無添加シャンプーをはじめましょう

無添加とは何でしょうか?

250

無添加のシャンプーや化粧品、食品などは、漠然と体や地球に優しいというイメージがありますが、そもそも「無添加」とはどういったもののことを言うのでしょうか?

まず、「無添加」という言葉は「特定の物質が使用されていないこと」を表しています。
そしてこの「特定の物質」とは、着色料防腐剤など人工的な化学物質のことになります。
つまり添加物とは、自然界に存在していない物質であり、添加物が使用されていない無添加の商品は、自然に近いものなので安全だと思いがちですが、必ずしもそうとは限らない部分もあります。

たとえば食品では、「食品添加物に分類されるものが使用されていない、あるいは天然に存在しない添加物が使用されていないもの」を無添加食品と呼びますが、その定義には含まれない、自然由来の物質の安全性が確率されていない可能性もあります。
また、無添加の表示は製造業者が任意になっているので、どこまで信頼できるのか、という問題もあります。

そして化粧品の添加物は人工的な着色料や香料、アルコールや石油系界面活性剤が含まれていないものを指します。
以前の無添加化粧品とは「表示指定成分」の含まれていないものを刺していたのですが、2001年以降は配合されているすべての成分を明記することが義務付けられました。
それでもいまだにあいまいな「無添加化粧品」と表示されている場合もあるので、注意が必要です。
しかし人工的な添加物はすべてが害悪なわけではなく、製品の安全性や有効性を高めるのに必要なものも多いので、自分に合った無添加商品を探していきましょう。